• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

併合1級後遺障害が認められ、提示額が約4900万円から約1億9000万円に増額した事例

被害者の属性・事故の態様

漁業者である被害者が自動二輪車を運転して国道を直進中、脇道から公道に出てきた加害者運転の乗用自動車が、自動二輪車と衝突した事故により被害者が受傷し、後遺障害併合1級の認定を受けた。

当事務所の対応

被害者は、任意保険会社と損害賠償について示談交渉したが、保険会社は過失相殺30%、将来の付添費等を否認し、約4900万円の損害賠償額を提示してきたが、不満として提訴した。

得られた結果

裁判では、双方が過失相殺について鑑定意見書を提出して争ったが、裁判所から被害者に10%の過失を認定し、将来の付添費等の損害を認める約1億9000万円の和解案が提示され、全2億円が支払われた。

その他の解決事例

TOPへ