• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

示談交渉において、保険会社が交渉途中から過失を争ってきた事案 約18万円→約130万円

事故の態様

優先道路を走行していた依頼者が、一時停止の標識に従わなかった加害者に衝突された事案。

当事務所の対応

保険会社が交渉過程の途中から過失を争う姿勢を見せたため、交通事故に関する刑事記録(実況見分調書)を取り寄せ、事故態様を把握すると共に当方に過失が無いことを主張した。

また、依頼者に後遺障害は残存しなかったものの、治療経過を丹念に調査し、損害額の主張を行った。

得られた結果

当方に過失が無いことを認めさせ、各損害について詳細な主張を行った結果、当初保険会社が提示していた額(約18万円)の約7倍である約130万円で示談が成立した。

その他の解決事例

TOPへ