• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

示談交渉において、主婦の休業損害の立証を行い、総額430万円を獲得した事案

事故の態様

雪道を走行中、カーブを曲がりきれなかった対向車がセンターラインをオーバーして衝突してきた事案。

当事務所の対応

身体の症状について後遺障害等級認定手続を行ったほか、主婦の休業損害について、保険会社が低額の提示を行ったため、関連裁判例との比較などから、適切な休業率(60%)の主張を行って交渉をした。

得られた結果

後遺障害等級14級を獲得したほか、休業損害について当方の主張を認めさせ、総額430万円(自賠責保険金75万円を含む)での示談が成立した。

その他の解決事例

TOPへ