• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

主婦の休業損害が認められ175万円を獲得した事例

事故の状況

自動車を運転し,青信号の交差点を直進しようとしたところ,
左から信号無視の自動車が衝突してきた。

おけがの内容

頚椎捻挫,肩関節打撲傷

解決の内容

ご相談時 解決時
賠償額 なし 175万円
後遺障害の等級 なし なし
過失割合(こちら側) なし なし

解決までの流れ

事故から半年の時点で,治療費の支払を打ち切ってきた保険会社に対して,医師から取り寄せた診断結果等を理由に治療費を継続して支払うよう交渉しました。

ご依頼者は主婦の方でしたが,交渉の結果,女性の平均賃金をベースにして,通院日は全て1日1万円の損害とし,慰謝料も通例より高額のものとする合意に至り,175万円を獲得しました。

弁護士からのコメント

主婦の方が交通事故の被害に遭われた場合,保険会社は,休業損害はない,あるいは半日分しか認めないなどと争ってくることがあります。

けがの内容や治療状況を強く主張することで,女性の平均賃金をベースとした休業損害が認められた,弁護士による交渉が功を奏した一例として紹介します。

その他の解決事例

TOPへ