• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

医療記録をもとに意見書を作成し、後遺障害等級14級9号を獲得した事例

事故の状況

赤信号のため減速して停止しようとしたところ、後続車両に追突された。

事故の内容

頸椎捻挫、腰椎捻挫

後遺障害等級

頚部痛等につき14級9号

解決の内容

ご相談時 加害者提示額 解決時
賠償額
(自賠責・労災等)
賠償額
(自賠責・労災等既払控除後)
賠償額合計 330万円
後遺障害の等級 14級9号
過失割合(こちら側) 0割 0割

弁護士からのコメント

後遺障害診断書の記載が乏しかったものの、カルテ等の医療記録の開示を受けた上で後遺障害に関する意見書を作成し、これを添付して申請することで、14級9号の後遺障害を獲得することができました。
また、事故後の症状と症状に伴う日常生活上の支障をご本人から詳細に聴取し、これを相手方保険会社に説明して交渉した結果、休業損害及び逸失利益については、当方の請求どおりの金額を認めさせることができました。

その他の解決事例

TOPへ