• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

親子で自家用自動車に乗車中に事故に遭ったところ、いずれも訴訟基準同等の損害賠償を獲得できた事例

状況

親子で自家用自動車に乗車中に事故に遭ったところ、いずれも訴訟基準同等の損害賠償を獲得できた事例

 

診断名

頚椎捻挫、腰椎捻挫

 

解決額

約265万円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

ご依頼者様は、保険会社の対応に納得ができず、また、物損の解決内容に疑問を感じ、当事務所に相談されるに至りました。

 

2.弊所の活動及びその結果

治療継続中、適宜、交通費や休業損害の請求を行いました。

また、治療期間についても、保険会社と交渉の上、症状固定の時期について、紛争化するのを未然に防止しました。

後遺障害について、被害者請求を行うに際し、診断書等を補足する観点から、症状の内容を細かく聞き取って書面化し、添付資料としました。

その結果、ご依頼者様お二人とも、他覚所見はなかったもののいずれも自賠責保険における後遺障害が認められました。

 

3.解決のポイント

本件は、ご依頼者様お二人の症状は、他覚所見がなかったものの、可動域制限があるなど、比較的重い症状がありましたが、診断書等の医学的な資料だけではその症状をうまく伝えられないと判断しました。

そこで、医療記録を参考にしつつ、ご依頼者様の症状を日常生活における支障等も交えて細かく聞き取り、陳述書に反映させました。その結果、被害者請求により後遺障害等級が認められ、交渉の結果、訴訟基準と同等の内容で示談を成立させて早期解決を行うことができました。

 

 

 

その他の解決事例

TOPへ