• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

内縁の夫婦の交通事故事案。主夫で休業損害が支払われた事案

事故の状況

【事故態様】

被害者が優先道路を普通常用自動車で進行中、交差点内に侵入してきた加害車両

 

【過失割合】

ご依頼時  特に提案なし。ただし、物損は9対1

解 決 時  10対0

 

 

診断名

【診断名】

両名ともに頚椎捻挫

 

【後遺障害等級】

ご依頼時  治療中

解 決 時  14級9号

 

解決額

【提示額】 当方から提示したため、提示額はない。

 

【解決額】

被害者女性  299万3307円で提示して200万円で和解(別途自賠責及び任意保険から195万円支払われている)

 

被害者男性  389万6144円で提示して140万円で和解(別途自賠責保険及び任意保険から380万円支払われている)

 

弁護士からのコメント

両名ともに症状固定前に任意保険会社から治療費を打ち切られた。そのため、健康保険に切り替え、症状固定日まで治療を継続した。

任意保険会社から治療費が打ち切られた後も、被害者請求を行って治療費等の回収の手続を行った。

ご依頼者様の不安が強かったため、後遺障害診断書作成にあたり、医師の診断に同席して診断書作成依頼と診断書に記載する神経学的所見の検査の実施を求めた。結果として、14級9号の後遺障害の残存が認められた。

内縁の夫は当時主夫であったところ、家事労働の実態を書面化して細かく主張した結果、主夫としての休業損害が支払われる内容で和解した。

その他の解決事例

TOPへ