• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

交渉により、裁判基準の慰謝料を獲得した事例

状況

ご依頼者様の運転する車両が赤色信号に従い停車中、後方から走行してきた加害車両に追突され、受傷した事案。

 

 

診断名

 

外傷性頚部症候群・外傷性腰部症候群

解決額

【解決額】 165万円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

事故発生後、症状の改善状況が芳しくなく、今後の対応にご不安を抱かれていたことから、ご相談・ご依頼いただくこととなりました。

2.弊所の活動及びその結果

治療終了後の示談交渉において、相手方保険会社からは、訴外の交渉であることを理由として、裁判を行った際の相場よりも低額の慰謝料金額が提示されました。

これに対し、当事務所では、ご相談いただいて以降に聴取していたご依頼者様の症状や日常生活上の支障等(事故当時、生後数か月のお子様がいらっしゃり、そのような状況で事故による症状をかかえて家事を行うことが困難であったこと等)を子細に主張し、粘り強く交渉を行いました。

その結果、最終的に裁判を行った際の相場に基づく慰謝料金額を獲得することに成功しました。

3.解決のポイント

事故後、保険会社から提示される慰謝料金額は、自賠責保険の基準や当該保険会社の内部基準に則ったものとされ、裁判を行った際の基準よりも低額であることが少なくありません。当事務所では、最終的に訴訟を提起することを前提に、慰謝料について交渉を行います。事故後、保険会社から提示された賠償金額の妥当性についてご疑問をお持ちの方は、是非一度ご相談ください。

 

 

 

その他の解決事例

TOPへ