• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

事故発生から1カ月以内に治療費の支払いを打ち切られたものの、訴訟を提起して自賠責保険を含めて合計700万円以上を回収した事例

事故の状況

家族が運転する車に同乗中、追突された事故。

【過失割合】

解 決 時    0.5割

 

診断名

中心性頚髄損傷等

 

【後遺障害等級】

解 決 時  14級

 

解決額

自賠責保険金を含めて700万円以上

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

ご依頼者様は、当事務所を以前からご存じであったことがきっかけで、本件事故後、早期の段階で依頼されました。

 

2.弊所の活動

⑴ ご依頼者様は、本件事故前から頚部に疾患がありました。

⑵ 受任後、ご依頼者様を診察した医師の一人が事故発生から1カ月足らずで事故を原因とする治療の必要性がないと判断し、その旨を相手方共済に伝えました。これにより、相手方共済は、治療費の打ち切りを行いました。

⑶ ご依頼者様は、別の病院等で本件事故の治療を継続し、症状固定となりました。

⑷ 当職らは、自賠責保険に対し、治療費等の傷害部分及び後遺障害分の支払を求めて被害者請求を行い、治療費等を回収するとともに、後遺障害等級14級9号が認定されました。

⑸ 当職らは、12級13号が認定されるべきであるとして、異議申立てを行いましたが、認められず、訴訟を提起するに至りました。

⑹ 訴訟では、後遺障害等級に加え、素因減額が争いになりました。

⑺ 最終的に、14級を前提に素因減額をしない前提で、交渉段階で当方が最終案として提示した金額以上の金額で和解するに至りました。

3.当事務所が関与した結果

本件事故はご依頼者様の症状が重かったことはもちろん、被害車両の損傷も激しく、1カ月未満で一括対応が打ち切られるような事案では全くなかったといえます。最終的に自賠責保険から回収したものの、治療費の負担を強いられ、非常に困難な事案でした。それでも、最終的に相当額の賠償金を回収して解決ができたことはご依頼者様にとってもよかったと思います。 

 

TOPへ