• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

受傷部位で探す

後遺障害別等級から解決事例を見る

解決事例

                                                                               
番号 内容 部位 等級 獲得賠償額
No.95 兼業主婦(フルタイム)について家事労働分を含む休業損害が認められた事例 頚椎捻挫、腰椎捻挫、右肩関節捻挫等 非該当 約125万円
No.94 事故態様が争われた事例で、当方の主張が認められた事例 外傷性頚部症候群 なし 夫約60万円 妻約35万円
No.93 相手方保険会社に過失割合を修正させた事例 頚椎捻挫、腰部打撲等 なし 約85万円
No.92 裁判基準どおりの慰謝料が支払われた事例 頸椎、腰椎、右肩関節 なし 95万円
No.91 保険会社提示額を大幅に増額した事例(会社経営者の逸失利益) 右鎖骨、右膝 胸腹部 12級6号 夫 約785万 妻 約38万
No.90 過失割合を修正すべき要素を具体的に主張し、事故実態に合わせて当方の責任割合を減らせた事例 頸椎 腰部 なし 約63万円 物損は別途約10万
No.89 相手方提示の過失割合を修正させた事例 頚椎、腰椎、股関節 非該当 約95万円
No.88 早期のご依頼により適切な解決を図ることができた事例 頸椎、右第3指関節、腰椎 非該当 110万円(その他自賠責保険金0円)
No.87 通院日数が少なかったにもかかわらず、裁判基準に近い慰謝料の支払が認められた事例 頸椎、腰椎 非該当 約100万円
No.86 任意交渉で裁判基準と同等の慰謝料が支払われた事例 頚部、右肩関節、環軸関節 非該当 約95万円
No.85 訴訟基準での賠償が認められた事例 頚椎・腰椎 なし 約225万円(物損:約90万円、人身(2名分):約135万円)
No.84 駐車場内の事故において、被害者の過失割合を減じた事案 右臀部・右膝・腰椎 なし 53万円
No.83 自賠責で後遺障害等級14級9号の認定にとどまったものの、裁判の結果、12級13号に認定された事例 腰椎椎間板 12級13号 800万円(その他自賠責保険金75万円)
No.82 裁判基準と同等の賠償を認めさせた事例 頭部、頸椎、頸部、右肩関節、右鎖骨部 なし 約97万円
No.81 歩行者(専業主婦)が自動車に跳ねられお亡くなりになった事例 なし 約3100万円
No.80 任意交渉において裁判基準の95%の慰謝料を獲得した事例 腰椎,左肘関節 非該当 約75万円
No.79 通院日数が少なかったものの、通院期間に応じた慰謝料が認められた事案 頚椎・腰部 なし 人身:86万円 物損:37万6000円
No.78 後遺障害等級14級9号が認められた事例 頸椎、頸椎椎間板 14級9号 190万円(その他自賠責保険金75万円)
No.77 任意交渉において裁判基準の95%の慰謝料を獲得したケース 頚部,腰部,背部 なし 約130万円
No.76 過失割合を修正するとともに、異議申立により後遺障害等級14級9号が認められた事例 頸椎、胸部、靭帯 14級9号 80万円(その他自賠責保険金75万円)

TOPへ