• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

受傷部位で探す

後遺障害別等級から解決事例を見る

解決事例

番号 内容 部位 等級 獲得賠償額
医療記録をもとに意見書を作成し、後遺障害等級14級9号を獲得した事例 頸椎捻挫 14級9号 330万円
後遺障害等級12級の獲得し、総額1000万円での示談に成功した事案 左鎖骨 12級 970万円
事故により頸椎捻挫・PTSDとなり併合14級を認定され、400万円を獲得した事例 頚椎捻挫 併合14級 400万円
併合11級の後遺症が認められ、643万円の提示額から、850万円に増額できた事例 脊柱 併合11級 850万円
160万円の提示から、結果的に316万円を獲得した事例・首・腰・14級 頚椎捻挫 14級 316万円
歯などの後遺障害で13級を認定され、517万円を獲得した事例 13級5号 517万円
最終的に治療期間全期間の治療費、慰謝料等を獲得した事案 腰椎挫傷 14級9号 300万
訴訟の結果、10:0を前提とする和解により当初提示額の約2倍を獲得した事案 14級9号 400万円
実況見分調書に基づく事故様態の詳細な主張により当方の過失割合を大幅に減らした事案 顔・鼻 非該当 -
治療中に退職した事案① 頚椎捻挫 - 84万円
治療中に退職した事案② 頚椎捻挫 - 86万円
約48万円の提示から,結果的に62万円の慰謝料を獲得した事案 頸椎捻挫 - 62万円
交渉の結果、120万円の増額に成功した事案 頚椎捻挫 - 250万円
日常生活上の支障を詳細に主張した結果、14級9号が認められた事例 頸椎捻挫 14級9号 410万円
少ない通院日数であるものの、全治療期間に基づく賠償を認めさせた事例② 頚椎捻挫 非該当 150万円
少ない通院日数であるものの、全治療期間に基づく賠償を認めさせた事例① 頸椎捻挫 非該当 110万円
後遺症非該当事案 頸椎捻挫 非該当 85万円
治療期間に争いがあったが、最終的に全て治療期間に対応する320万円を獲得した事案 頸椎捻挫 14級9号 320万円
約50万円の相手方提示から約130万円の賠償を認めさせた事例 14級9号 130万円
約20万円の相手方提示から約120万円の賠償を認めさせた事例 腰椎 非該当 120万円

TOPへ