• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

頸部の障害

番号 内容 部位 等級 獲得賠償額
No.79 通院日数が少なかったものの、通院期間に応じた慰謝料が認められた事案 頚椎・腰部 なし 人身:86万円 物損:37万6000円
No.78 後遺障害等級14級9号が認められた事例 頸椎、頸椎椎間板 14級9号 190万円(その他自賠責保険金75万円)
No.77 任意交渉において裁判基準の95%の慰謝料を獲得したケース 頚部,腰部,背部 なし 約130万円
No.76 過失割合を修正するとともに、異議申立により後遺障害等級14級9号が認められた事例 頸椎、胸部、靭帯 14級9号 80万円(その他自賠責保険金75万円)
No.75 9:0の過失相殺 頚椎、腰椎、両膝関節 なし 749,375円
No.74 訴訟基準での賠償が認められた事例 頚椎、腰椎 非該当 約65万円
No.73 訴訟基準と同等の賠償を認めさせた事例 頚椎、腰椎 非該当 約95万円(夫)、約125万円(妻)
No.72 物損費用が少額であったものの、一定の休業損害の賠償を受けた事例 頚椎、腰椎 なし 100万円
No.71 通院日数が少なかったものの、通院期間に応じた金額と相違ない慰謝料が獲得できた事案 頚椎、腰椎、右肩 なし 100万円
No.70 休業損害及び逸失利益において、申告外所得の一部が賠償として認められた事例 頚椎、脊髄、腰部 14等級 270万円(その他自賠責保険金75万円)

受傷部位で探す

後遺障害別等級から解決事例を見る

TOPへ