• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

後遺障害

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

後遺障害(後遺症)について

損保会社基準と裁判基準の違い
後遺障害には1級から14級まで等級があり、労働能力の喪失の程度で決まります。
この等級によって損害賠償の額が大きく変わってきます

後遺障害の等級認定は、医師の診断書を元に判断されますが、交通事故の被害者が考えているような認定が受けられないことがしばしばあります。考えていたよりも低い等級で認定されてしまったり、等級に該当しない「非該当」とされることもあります。

適正な認定を受けるには、後遺障害診断書の内容が重要です。同じ症状でも、後遺障害認定に精通した医師が書いた診断書と、そうでない医師が書いた診断書では結果に違いがでることが多々あります。

一般的に、弁護士は「症状固定がなされ、等級認定されてから金額を当てはめて交渉する」ことが多いのですが、当事務所では、むしろ、医療機関と協力連携して「主治医の先生に適切かつ必要な治療や検査を行っていただき、適切な等級認定がされるように、症状固定の時期、症状固定の内容を検討し、後遺障害診断書を作成していただくこと」などについても医師と打合せするなどしてサポートいたします。

また、当事務所では遷延性意識障害(植物状態)、高次脳機能障害、脊髄損傷等のような重度または特殊な後遺障害の事例についても多数の経験を蓄積しております。

TOPへ