• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

弁護士紹介

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

弁護士 村松 弘康

弁護士 村松 弘康

経歴

昭和21年    北海道足寄郡陸別町生まれ
昭和40年 3月 帯広柏葉高等学校卒業
昭和45年 3月 早稲田大学法学部卒業
平成 7年 4月 札幌弁護士会副会長
平成11年 3月 北海道大学大学院法学研究科
         民事法専攻修士課程修了

弁護士・海事補佐人(登録番号1805号)

弁護士会活動

札幌弁護士会ゲートキーパー立法阻止対策本部本部長代行
元日弁連国際刑事立法対策委員会委員
元日弁連司法改革実施対策会議委員
元札幌弁護士会司法改革推進本部、司法改革推進委員会委員

主な担当事件

北海道クロム訴訟/北海道金属じん肺訴訟(弁護団事務局長)/スパイクタイヤ使用禁止公害調停/りんご無農薬裁判/奥尻島火災保険金請求事件/マスガタ北方領土登記申請事件/玄米酵素事件(薬事法違反事件および国家賠償請求事件)/アイヌ共有財産事件・市立病院救急救命センター事件(歯科医師による医師法17条違反事件)/南証券事件(控訴審差し戻し)/他覚所見の乏しい高次脳機能障害患者について、心因性を理由として高次脳機能障害を否認した保険会社と争い、高次脳機能障害を認めさせた事例(最高裁)自動車盗難について、保険会社から偽装事故として争われ、保険金の支払を認めさせた事例(最高裁)/請負工事代金の連帯保証人に対する未払工事代金の請求に対して、連帯保証人の責任を否定させた事例(最高裁)

論文等

「意思推定説の動揺と再建-火災保険契約における開示・説明義務試論」(北大法学研究科ジュニア・リサーチ・ジャーナルNo.6(1999年))
「司法改革の方向性について-論点整理の批判的検討を踏まえて-」(現代人文社・月刊司法改革o.8.1999)
「裁判所を道民の手に」(22世紀北輝行研究会.1999)
「法曹一元論議、ここが足りない」(週刊法律新聞2001年1月5日)
「弁護士の2本の筋金-人権・正義と弁護士自治-」(日本評論社・『みんなで考えよう司法改革』)

主な担当事件

NPO法人北海道活性化センター(タクティクス)代表理事
北海道フロンティアカレッジ代表理事
ガイアネットワーク北海道代表
北自聖(北海道を自転車の聖地にする会)会長
わっしょい北開道副会長
北海道日中経済友好協会副会長
食と健康財団理事
日本綜合医学会北海道総支部理事

TOPへ