• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

慰謝料

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

損保会社基準と裁判基準の違い

損保会社基準と裁判基準の違い
保険会社が損害賠償額を提示をする場合、その損害賠償額は「基準に基づいて算出しています」という言い方をすることをしばしばあります。多くの人が「保険会社の人が言うのだから、そうなのだろう」と思ってしまうのも無理はありません。
しかし、それはあくまでも保険会社が独自に定めた基準に過ぎません
裁判所が定めた「本来支払われるべき損害賠償額」はしばしばそれよりも高いのです。そもそも、損害賠償の基準には、
自賠責保険の基準 < 任意保険の基準 < 裁判の基準
の3つがあり、裁判の基準が最も高額になっています。

自賠責保険の基準

自賠責保険とは、自動車を所有する人であれば全員が加入しなければならない保険で、人身事故のみに適用されます。交通事故被害者の最低補償を目的とした保険ですので、この基準に従って損害額を算定すると、低額になります。

任意保険の基準

任意保険は、加入義務がない保険で、人身事故だけでなく、物損事故にも適用されます。任意保険会社の基準による損害額は、自賠責保険の基準より高いが裁判所の基準よりは低額であることが一般的です。

裁判の基準

過去の交通事故に関する裁判の判例などを踏まえて、損害の内容ごとに基準が示されています。
実はこの裁判の基準は、自賠責保険の基準や任意保険の基準より高額であることが一般的です。

保険会社から示談で提示される保険金(賠償金)は、①②を基準にしていますので、裁判所の基準より低いことが多いのです。
「保険会社の人が言うのだから、間違いないだろう」とお考えになられたり、「早く終わらせたい」というお気持ちは良く分かりますが、本来受けられるはずの損害賠償金が受け取れないことになりがちですので、慎重に判断される必要があります。

【参考】後遺障害の慰謝料における自賠責基準と裁判基準の違い(裁判基準は事案の内容により変動します)

後遺障害等級 自賠責基準 裁判基準
第1級 1,100万円 2,800万円
第2級 958万円 2,400万円
第3級 829万円 2,000万円
第4級 712万円 1,700万円
第5級 599万円 1,440万円
第6級 498万円 1,220万円
第7級 409万円 1,030万円
第8級 324万円 830万円
第9級 245万円 670万円
第10級 187万円 530万円
第11級 135万円 400万円
第12級 93万円 280万円
第13級 57万円 180万円
第14級 32万円 110万円

保険会社から提示された示談の内容に納得が出来ない場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

TOPへ