• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

160万円の提示から、結果的に316万円を獲得した事例・首・腰・14級

事故の状況

運転中、交差道路から一時停止を無視した自動車に衝突された(過失割合1割)。

おけがの内容

頸椎捻挫・腰椎捻挫

解決の内容

賠償額
 交渉開始時:160万円
 解決時:316万円(別に自賠責保険金75万円)
後遺障害の等級
 ご相談時:なし
 受任後:首と腰について14級

解決までの流れ

ご依頼をいただいた時点では、治療を継続されていらっしゃったため、必要な治療は必ず受けていただくようアドバイスを差し上げるとともに、後遺障害診断書の作成を医師に依頼する際にも同行しました。
後遺障害の等級が得られたため、示談金額の交渉を開始しましたが、保険会社は、当初、主婦のため休業損害はないとして示談金額を提示してきました。
これに対して、裁判例を踏まえて交渉した結果、女性の平均賃金をベースに通院日はその全額を休業損害として認定させ、316万円での示談に至りました。

弁護士からのコメント

ご依頼者の方は、交通事故による賠償を求めることについて、分からないことばかりだととてもご不安に思っていらしたようです。医師に後遺障害の診断書の作成を依頼する場にも弁護士が同席し、必要な検査が漏れないようにお願いしたり、自覚症状を細かく記載してもらったりした結果、首と腰のお怪我について、どちらも14級9号の後遺障害の等級認定を受けることができました。

主婦の方が交通事故の被害に遭われた場合、保険会社は、休業損害はない、あるいは1日分は認めないなどと主張してくることがあります。
怪我の内容や治療状況を強く主張することによって、女性の平均賃金と同じ損害が認められることがあります。本件も、弁護士による交渉が功を奏した一例として紹介します。

その他の解決事例

TOPへ