• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

一方的に治療費を打ち切られたが、結果的に230万円を獲得した事例

事故の状況

自動車を運転していたら飲酒運転居眠りの対向車線がセンターラインをはみ出して正面衝突してきた。

おけがの内容

頸椎捻挫

解決の内容

ご相談時 解決時
賠償金額 なし 230万円
後遺障害の等級 なし なし
過失割合(ご依頼者様) 0割 0割

※ 獲得金額には、労災補償分も含みます。

解決までの流れ

事故後3か月を経過した段階で、症状が残っているにもかかわらず、相手方の保険会社が一方的に治療費の支払を打ち切ってきたとして、ご相談にいらっしゃいました。

保険会社との交渉を続けるとともに、ご本人と一緒に医師の意見を聴きに行くなどの対応をした結果、総額で約230万円を獲得しました。

弁護士からのコメント

最も印象に残っているのは、車が大破するほどの重大事故であり、とても職場に復帰することができない状態であったにもかかわらず、早々に治療費だけでなく、休業分の賠償金の支払を打ち切られた点です。

賠償金の仮の支払を求める裁判所の手続を申し立てるなどして強く争い、後遺障害の認定は得られませんでしたが、相当額の賠償金を得られました。

その他の解決事例

TOPへ