• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

訴訟の結果、10:0を前提とする和解により当初提示額の約2倍を獲得した事案

事故の状況

信号機のない交差点において、自転車で横断歩道上を走行していたところ、右方で一時停止していたタクシーが発進し、衝突された。

事故の内容

右手・右橈骨末端茎状突起骨折、右膝・右膝蓋骨剥離骨折

後遺障害等級

右膝関節の神経症状につき14級9号

解決の内容

ご相談時 加害者提示額 解決時
賠償額
(自賠責・労災等)
200万 400万
賠償額
(自賠責・労災等既払控除後)
賠償額合計 200万 400万
後遺障害の等級 14級9号
過失割合(こちら側) 1割 0割

解決までの流れ

実務上、過失割合の認定によく参照される別冊判例タイムズでは9:1が基本割合となる事案でした。当方はあくまで10:0を主張しましたが、加害者側が拒否したため、訴訟を提起しました。
訴訟では、事故現場の写真等を添付した報告書や、事故状況に関するご本人の陳述書を提出した他、本人尋問を実施し、事故に至る経緯を詳細にご証言いただき、最終的に10:0を前提とした和解をすることができました。

また、傷害慰謝料や逸失利益といった点についても、事故によって日常生活(特に家族の介護)及び仕事(マンション管理人)に多大な支障を来していることを具体的なエピソードを交えて詳細に主張立証した結果、当初提示額から大幅な増額が認められました。

その他の解決事例

TOPへ