• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

過失割合を修正すべき要素を具体的に主張し、事故実態に合わせて当方の責任割合を減らせた事例

状況

進路変更車と後続直進車との事故。

片側二車線の道路の歩道よりを走行していたところ、センターラインよりを走行していた車両が右折車両を避けようとして、被害者の車線に侵入し、被害者の車両の右後方に衝突した事案

 

診断名

頸椎捻挫 腰部打撲傷

解決額

約63万円 物損は別途約10万

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

数年前に事故に遭った際、保険会社に丸め込まれるような形で低額の示談に応じてしまったため、ご自分で保険会社に対応することに不安があったことから、事故から2週間後にご相談にいらっしゃいました。

 

2.弊所の活動及びその結果

事故から間もない時期で治療中であったことから、まずは今後の流れや、どういった事柄が後日重要になってくるかをご説明しました。また、加害者の対応によっては、裁判になる可能性もあることをお伝えし、治療に関しても証拠化を意識していただけるようにアドバイスをしました。

治療継続中は、症状や治療経過を定期的にご連絡いただき、その都度、その時点で必要なアドバイスをしました。

 

3.当事務所が関与した結果

これと並行して、事故の過失割合に関し、交渉を進めました。相手方は、当初、類似の交通事故の事例を参考に8:2であると主張していました。

これに対し相手保険会社の主張する事故態様と異なることから、過失割合を修正すべき事案であると主張しました。具体的衝突位置や、裁判例などを提示するなどして、相手方の過失が大きいことを主張し、最終的に相手方の過失を9割、当方の過失を1割とすることができました。

 

 

4.解決のポイント

事故状況を詳細に伺い、車両の損傷部位など客観的証拠で裏付け、裁判例などを調査の上、過失割合を修正すべき要素を具体的に主張したことで事故の実態に合致した過失割合になりました。

 

その他の解決事例

TOPへ