• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

通院日数が少なかったものの、通院期間に応じた金額と相違ない慰謝料が獲得できた事案

事故の状況

赤信号に従い停車していたところ、後方から走行してきた加害車両に追突され、前方の停車車両に追突する、いわゆる玉突き事故により受傷した事案

診断名

頚椎捻挫、腰椎捻挫、右肩打撲傷

 

解決額

【解決額】   100万円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

本件事故から約1か月後、症状の改善が遅く、今後の相手方との交渉等にご不安を覚えられていたため、ご依頼いただきました。

 

2.当事務所の活動及びその結果

ご依頼を受けた後、相手方保険会社より、そろそろ治療終了とし、治療費の支払を打ちきりたい旨の連絡がありましたが、ご依頼者からの現在の症状の聴取等を行い、未だ症状固定となされるべきではないとして、相手方保険会社と交渉を行った結果、事故時から約8か月の間、治療を継続することができました。

治療終了後の相手方保険会社との交渉においては、慰謝料の点につき、ご依頼者の通院日数が少なかったことから、相手方保険会社は当方に対し、通院期間ではなく、通院日数に応じた金額の提示がなされました。これに対し、当事務所としては、ご依頼者が通院が困難であった事情等につき、詳細な主張を行い、粘り強く交渉を行った結果、通院期間に応じた裁判上での慰謝料と相違ない金額で和解を成立させることができました。

3.解決のポイント

お仕事で通院が困難であり、通院日数が少なくなってしまう方も多数いらっしゃることかと存じます。そのような場合であっても、詳細な事情説明等により、通院期間に応じた慰謝料を獲得することができることがございます。

お困りの場合には、是非一度ご相談いただければ幸いです。

 

その他の解決事例

TOPへ