• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

訴訟基準と同等の賠償を認めさせた事例

事故の状況

路肩で停車していたところ、対向車が衝突したもの

診断名

【診断名】

夫:頸椎捻挫、腰椎捻挫等

妻:頸椎捻挫、腰椎捻挫等

【後遺障害等級】

ご依頼時 非該当

解 決 時 非該当

 

解決額

約95万円(夫)、約125万円(妻)

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

治療中から相手方保険会社の対応が悪く、今後の交渉に不安を抱かれて依頼されました。

 

2.弊所の活動

当事務所で、相手方保険会社に対し、訴訟基準による解決を求めたところ、相手方保険会社は、当初、訴訟外であることを理由として、慰謝料について訴訟基準の8割程度の解決を提案してきました。

これに対し、当事務所では、後遺障害等級は非該当ではあるものの、事故後相当期間が経過していても症状が残存していること、その症状の部位をかばって別の部位に痛み等が生じていること等の事情を述べ、訴訟基準による解決を強く求めました。

その後も相手方保険会社は、訴訟基準からの減額を主張してきましたが、当事務所において粘り強く交渉を重ねた結果、訴訟基準と同等額の賠償を認めさせることができました。

3.解決のポイント

加害者側の保険会社は、被害者に弁護士が就いていない場合、訴訟基準ではなく、保険会社独自の基準による解決を提案してくることが一般的です。

また、訴訟基準による解決を提案したとしても、本件のように、訴訟外であることを理由に同基準から減額した賠償額による解決を提案してくることも珍しくありません。

このような場合でも、具体的事情を詳細に主張する等、交渉を重ねることで賠償額が増加することもありますので、相手方保険会社の提示に疑問がある場合には一度当事務所にご相談ください。

その他の解決事例

TOPへ