• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

裁判基準どおりの慰謝料が支払われた事例

状況

右折待ちをしていたところ、同様に右折待ちをしていた前方車両が突如バックしてきて、車輌前方に追突した事故

 

診断名

頸椎捻挫、腰椎捻挫、右肩関節捻挫

解決額

95万円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

ご依頼者様は、相手方保険会社から治療の一括対応への打ち切りを示唆されたことから当事務所へ相談にいらっしゃいました。

 

2.弊所の活動及びその結果

まず、当事務所は、ご依頼者様がご不安に感じられていた治療費の点について保険会社に確認及び交渉を行いました。事故状況等も含め数度にわたり交渉を行ったものの、事故から半年が経過していたうえ、医師も症状固定との診断をしていることから、保険会社としてはこれ以上の治療費の支払いには応じられないとの回答であり、医師が症状固定としていることから、これ以上の治療費の支払を受けることは難しい状況でした。

ご依頼者様自身も痛みも相当程度引いていたことから、可能な限り示談金を支払ってもらえるよう交渉との方針で決定しました。

 

3.当事務所が関与した結果

同示談交渉において、根強く交渉を行った結果、通院期間に相当する裁判基準と同等の金額を支払っていただくことができました。

4.解決のポイント

治療費の支払については、保険会社の対応次第であり、近時その支払いを早期の段階で拒絶する(打ち切る)ケースも増えてきております。弁護士が介入すると必ず治療費の支払を延長してくれるわけではありませんが、根強く交渉することで支払いを延長していただけるケースも一定数あります。

保険会社と交渉する中で、納得のいかないこと等ございましたら、お気軽に当事務所までご相談ください。

その他の解決事例

TOPへ