• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

裁判基準どおりの慰謝料が支払われた事例

状況

ご依頼者様が、青信号で直進したところ、赤信号で止まりきれずスリップした車が、ご依頼者様の車両右側部に衝突した事故

診断名

左仙腸関節部痛、左大腿部痛

解決額

 

約110万円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

依頼者様は、事故から1か月ほどが経過した段階で、今後の進行についての不安、及び仕事との関係で保険会社への対応が困難であることからご相談にいらっしゃいました。

 

2.弊所の活動及びその結果

 

⑴ 治療期間

当初、ご相談にいらっしゃった段階では、まだ痛みも強く、まずはしっかりと治療したいというご要望がございました。

そのため、まずは主治医からしっかりと今後の治療の見込み等について、確認をしていただき、同医師の意見を、事前に相手方保険会社に対して伝えました。

その後、相手方保険会社からは、6か月が経過した段階で一括対応を打ち切りたいとの連絡がありました。

ご依頼者様の傷病に関する診断は、MRI等の画像上は写りにくいものであり、痛みが残る可能性がある一方で、後遺障害の認定については、簡単ではないことが想定されました。そのため、十分な期間治療をしていただく必要があると考えました。

そこで、主治医からいかなる部分にいかなる治療が必要であるかをしっかりとご説明いただき、同内容を保険会社に対し、説明したことにより、最終的には9か月が経過する段階まで、一括対応を行っていただくことができました。

 

⑵ 示談交渉

その後、ご依頼者様には痛みが残存し、後遺障害の認定申請を行ったものの、上記のような難しさもあり、自賠責調査事務所での後遺障害の認定を受けることはできませんでした。

訴訟等で後遺障害を争うかについて、ご依頼者様と十分に協議を行い、最終的には、後遺障害がない前提で、示談交渉を行うこととなりました。示談交渉において、相手方保険会社からは、慰謝料が争われました。

慰謝料については、任意交渉ではあるものの、事故態様・治療の経過等を詳細に主張し、裁判になった場合に認められる最大額での交渉を行い、結果として最大額での賠償を獲得することができました。

 

3.解決のポイント

本件のご依頼者様は、早い段階でご依頼していただいたことにより、適切な治療を受けていただくことができるとともに、適切な賠償を受けることができました。

交通事故に遭った場合には、早期にご依頼いただくことで、適時に適切な対応を行うことが可能となります。是非、ご相談ください。

 

 

その他の解決事例

TOPへ