• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

裁判基準と同等の賠償を認めさせた事例

事故の状況

依頼者が青信号に従い直進していたところ、対向車線から路外に右折進入しようとした相手方車両と衝突した。

 

診断名

頭部打撲、頸椎捻挫、外傷性頸部症候群、外傷性右肩関節周囲炎、右鎖骨部打撲傷

 

解決額

【提示額】 611,000円

【解決額】 970,000円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

ご依頼者様が事故後治療を継続し治癒した段階で、相手方保険会社より賠償額の提示がありました。ご依頼者様は、同提示額が適正なものかの判断が付かず、このまま示談に応じて良いものなのかとのご不安を抱かれ、ご依頼をされました。

 

2..弊所の活動及びその結果

当事務所において、医療記録や刑事記録等の資料を取得の上、これらの資料をもとにしつつ、ご依頼者様からご事情を丁寧に聴取り、本件における適切な賠償額(訴訟基準に基づく賠償額)を算出しました。そして、改めて相手方保険会社に対し同金額の請求を行いました。

 

3.当事務所が関与した結果

ご依頼者様から聞き取った事情及び取得した資料に基づき、当事務所が算出した訴訟基準による賠償額で解決すべきと交渉し、訴訟基準と同等額の賠償を認めさせることができました。

 

4.解決のポイント

加害者側の保険会社は、被害者に弁護士が就いていない場合、保険会社独自の基準による賠償額を提示してくることが一般的であり、保険会社独自の基準による賠償額は総じて訴訟基準よりも低額です。そのため、保険会社から提示された賠償額が適切であるかどうかを検証することが重要です。保険会社から提示された賠償額に一度当事務所にご相談ください。

その他の解決事例

TOPへ