• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

相手方提示の過失割合を修正させた事例

状況

自転車で歩道を走行中、交差道路から進行してきた加害車両に衝突されたもの。

 

診断名

頚椎捻挫、腰椎捻挫、股関節捻挫等

解決額

約95万円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

ご依頼者様は、本件事故発生後に、人身損害について、相手方保険会社との今後の交渉をご自身で行うことに不安を覚えられ、弊所にご依頼をいただきました。

 

2.弊所の活動及びその結果

当事務所が、ご依頼者様に生じた人身損害について、相手方保険会社に請求したところ、同社は、損害額自体には大きな争いはないものの、本件事故の態様から、ご依頼者様に1割の過失が認められる旨主張してきました。

当事務所が本件事故態様を検討したところ、相手方保険会社の提示する過失割合は、本件事故の特徴を踏まえた修正要素を一切考慮していないと考えられたため、相手方保険会社に対し、本件事故の特徴(加害車両の走行態様、道路状況、交通量等)を詳細に主張し、過失割合を修正した上での和解を求めました。

 

3.当事務所が関与した結果

当事務所が上記のとおり過失割合を修正すべき旨粘り強く主張した結果、相手方保険会社は、当初の見解を改め、ご依頼者様の過失割合を5分減算することに応じました。

また、当事務所から、ご依頼者様が本件事故によって被った精神的苦痛の大きさを主張することで、慰謝料を増額した和解が成立しました。

 

4.解決のポイント

交通事故においては、事故態様によっては、被害者側の過失を相手方保険会社から主張され、被害者が被った損害の全額が賠償されないことがあります。

相手方保険会社が主張する過失割合は、本件のように、事故態様の詳細を考慮せずに、類似の事例を参考にしただけものであることが少なくありません。

そのような場合でも、弁護士が事故態様を精査し、相手方保険会社と交渉することで、過失割合を修正することができる場合がありますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

その他の解決事例

TOPへ