• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

相手方主張の過失割合を減じ、また、事故による退社の休業損害を獲得した事例

状況

宅配トラックを歩道側車道に出て走って追いかけたところ、同トラックが右折を開始した結果、衝突しそうになったため、衝突を避けようとして転倒し、受傷した。

 

診断名

右腰部打撲傷、両大腿骨大転子部打撲傷、右肩関節打撲傷

 

解決額

約20万円(その他人身傷害保険金約40万円)

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

 

当事務所にご依頼いただく前にも弁護士に依頼していたが、同弁護士との方針が合わなかったことや、事故の解決にご不安を抱かれたことから、当事務所にご相談いただき、ご依頼いただくこととなりました。

 

 

2.弊所の活動及びその結果

 

① 過失割合について

過失割合について、当初相手方保険会社からは、ご依頼者様に5割の過失があるとの主張がなされておりました。

当事務所では、まず、過去の裁判例の調査や本件事故現場の状況等を踏まえて、検討を行いました。その上で、同検討に基づき、相手方保険会社に対して過失割合に係る主張を行った結果、ご依頼者様の過失を3割とする内容で示談をすることができました。

 

② 休業損害について

ご依頼者様は、本件事故前に就職が決まっていたものの、本件事故による受傷により通院加療が必要となった結果、当該会社を退社せざるを得なくなりました。また、当該会社からは、適切な協力を得られず、本件事故により退社となったことを証する書面の交付等を受けることができませんでした。

そこで、当事務所では、通院先の各医療機関から医療記録を取り寄せ、これを精査するとともに、ご依頼者様ご本人から当時の事情を詳細に聴取した上で、相手方保険会社と粘り強く交渉を行った結果、1か月の賃金分に相当する休業損害を認めさせることに成功しました。

 

 

3.解決のポイント

本件事故で問題となった過失割合や休業損害など、交通事故に遭われた場合には、様々な問題が発生する可能性がありますが、一般の方には、何が適正なのかの判断が困難である場合も少なくありません。

当事務所では、関係資料の精査等を十分に行った上で、ご依頼者様の皆様に平易な言葉でご説明し、ご納得いただく形での解決を目指しております。

交通事故の被害に遭われてお困りの方は、是非一度ご相談ください。

 

 

 

その他の解決事例

TOPへ