• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

物損費用が少額であったものの、一定の休業損害の賠償を受けた事例

事故の状況

追突事故

診断名

【診断名】

頚椎捻挫、腰椎捻挫

 

解決額

【解決額】   100万円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

依頼者様は、事故から2ヵ月ほどが経過した段階で、相手方から治療の打ち切りを示唆されたものの、痛みがあることから治療を継続したいと考え、ご来所されました。

2.当事務所の活動及び成果

⑴ 相手方は、物損の修理費用が低額であることを理由に治療費の一括対応の打ち切りを主張しました。もっとも、物損の修理費用が軽微であることと、身体に与える影響は別であることを主張し、1ヵ月間の治療費の支払延長に応じてもらいました。

⑵ 症状固定後、示談交渉の段階において、相手方は治療中同様に軽微な物損事故であることを理由に休業損害の支払を渋り、当方の提示した金額よりも大きく減額した金額での示談案を提示しました。

当事務所においては、軽微な物損事故(低速度での追突事故)の場合に、搭乗者にどのような衝撃が加わるのかを医学的・工学的な知見の記載された論文等を引用し、反論を行いました。

その結果、当初の提示金額よりも大きく増額した形での示談を行うことが出来ました。

 

3.解決のポイント

休業損害については、相手方から、当該事故において休業の必要性があるのかという点について、疑問を呈される場合が少なくありません。そのような場合には、事故による衝撃の大きさを様々な観点から主張する必要があります。

お困りの際には、是非一度ご相談ください。

 

その他の解決事例

TOPへ