• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

治療費について相当因果関係で争いとなり、労災補償を適用させるなどして解決した事例

状況

自転車で信号のある交差点を青色信号で走行中の依頼者と左折車の事故

 

過失割合

 

ご依頼時 特になし

 

解 決 時 1割

 

診断名

外傷性頚部症候群、右肋骨骨折、右肩関節捻挫、右肘関節打撲傷

 

後遺障害等級

 

ご依頼時  なし

 

解 決 時  なし

 

 

提示額

 

約130万円

 

 

解決額提示額

約100万円

 

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

依頼者は、未成年者でした。ご両親が保険会社の対応に不安を感じ、弊所に依頼をされました。

2.弊所の活動及びその結果

⑴ 受任後、依頼者が本件事故によるフラッシュバック等に悩まされ、体調を崩してしまい、精神科への通院を余儀なくされました。しかしながら、相手方保険会社は、精神的症状について、本件事故との相当因果関係を否定し、治療費の支払を拒みました。そこで、本件事故が通勤中の事故であったことから、労災申請をして精神的症状に関する治療費を、労災補償を適用させて対応することを検討しました。

⑵ 労災申請の結果、精神的症状についても労災適用が認められ、依頼者は、精神的症状が回復するまで自己負担なく治療を継続することができました。

⑶ 整形外科的症状もほとんど消失し、後遺障害がない前提で示談交渉を行いました。

 

3.当事務所が関与した結果

交渉の結果、一部過失相殺の適用を主張されましたが(一定の過失は受け入れざるを得ない事故態様でした)、各損害項目にかかる主張は裁判基準での解決ができました。

 

 

4.解決のポイント

解決のポイントとして、依頼者が早期のうちに弊所に依頼したことが挙げられます。これにより、労災から治療費を支払ってもらうことができました。

また、依頼者は、本件事故による精神的症状の負担も大きくありましたが、仮に弁護士に依頼していなければ、その負担はより大きくなっていたことが容易に想像される事案でした。本件は、労災補償も利用しつつ、早期に解決ができた事例であるといえます。

 

その他の解決事例

TOPへ