• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

日常生活上の支障を詳細に主張した結果、14級9号が認められた事例

事故の状況

赤信号で停車中、加害車両に追突された

 

後遺障害等級

首・頚椎捻挫・相談時なし→解決時14級9号

 

解決の内容

獲得額410万円(自賠責保険金含む)

 

弁護士からのコメント

医療記録上、他覚的所見は特に認められない事例でしたが、ご本人様から症状の程度や日常生活上の支障を詳細にご説明いただき、これを意見書として作成のうえ、自賠責保険会社に提出したところ、14級9号の認定がなされました。

画像上特に異常が無くとも後遺障害等級が認められる場合がありますので、症状が残存してお悩みの方は是非一度ご相談ください。

 

その他の解決事例

TOPへ