• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

打ち切り後の治療費の支払いを認めさせた事例

状況

タクシーの後部座席に乗車中、交差点にて右方より加害車両が同タクシー後部に衝突してきた。

 

過失割合

ご依頼時 0割

解 決 時 0割

 

診断名

頸椎捻挫、左大腿打撲傷、左上腕打撲傷

 

後遺障害等級

 

なし

 

 

 

解決額

 

約110万円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

 

事故発生の約1か月後に、相手方保険会社との交渉にご不安を抱かれ、弊所にご相談いただき、ご依頼いただくことになりました。

 

2.弊所の活動及びその結果

 

本件事故では、ご依頼者様の治療中に、相手方保険会社が治療費の支払いを打ち切りました。そこで、ご依頼者様の治療終了後、打ち切り後も治療が必要であったことについて、事故の重大性や傷病の重さ等について詳細に主張し、度重なる交渉を行った結果、治療終了時までの治療費の支払いを認めさせることに成功しました。

 

 

3.当事務所が関与した結果

 

保険会社は、被害者の方が治療中の段階であっても、一定期間を経過した後に治療費の支払いを打ち切ることが少なくありません。もっとも、治療費の支払いを打ち切られたとしても、医師の診断等により治療が必要であると認められる場合には、治療費の支払いが認められる場合があります。

事故の被害に遭われた方は、是非一度ご相談にお越し下さい。

 

 

 

その他の解決事例

TOPへ

メール
予約✉

電話
予約☎