• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

慰謝料について当方主張の金額全額を支払うことを前提に和解した事例

状況

自家用自動車を運転して信号待ちで停止していたところ、追突された事例

 

診断名

頚椎捻挫、腰椎捻挫等

解決額

 

約32万円

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

ご依頼者様は、頸部等に症状があったものの、物損は軽微であり、治療費の打ち切りが心配される事例でした。整形外科の医師の勧めで当職らに相談に来られました。

2.弊所の活動及びその結果

⑴ 受任後、間もなく、相手方に代理人として弁護士が就任し、治療費の支払いを打ち切られました。

⑵ そこで、当職らは、医師と面談し、ご依頼者様と協議の上、治療を継続し、治療の費用を自賠責保険に対して直接請求することにしました。

⑶ 自賠責保険に対して直接請求を行ったところ、自賠責保険は保険会社による一括対応期間中の治療費を含めて事故との相当因果関係を否定する判断を下しました。

そして、相手方保険会社は、同判断を受けて支払い済みの治療費の返還を求めてきました。

⑷ 当職らは、自賠責保険に対して異議申立てを行うこととしました。そして、異議申立てを行うに際し、因果関係に関する法理論を整理し、さらに、軽微な衝撃でも頚椎捻挫を発症し得る医学的根拠資料を収集し、異議申立てを行いました。

その結果、自賠責保険は当方の異議を全面的に認め、治療期間中のすべての治療費や慰謝料の支払いが行われました。

⑸ 自賠責保険の判断を踏まえて、相手方とも当方提示の金額のほぼ満額で示談が成立しました。

3.解決のポイント

近時、物損が軽微であることを理由に治療の必要性・相当性が争われる事例が増加したと感じております。この場合、早期の治療費支払いの打ち切り等、被害者は非常に困難な状態に立たされます。このようなケースが今後、増加することが予想されますので、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

 

 

その他の解決事例

TOPへ