• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

受傷早期から弁護士が関与したことにより納得のいく治療期間と賠償を受けられた事例

状況

タクシーに乗車していたところ、タクシードライバーの過失で事故を起こし、前の座席にぶつかるなど前後に揺さぶられ受傷されました。乗車中にシートベルトを着用していなかったため、1割の過失を主張されました。

 

【過失割合】

ご依頼時  1割

解 決 時   0割

 

診断名

頸椎捻挫、両膝捻挫、腰椎捻挫、左肩捻挫、顎関節捻挫

解決額

90万円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

初めて事故に遭い不安を感じられたことから、事故後間もない時期にご相談にいらっしゃいました。自動車保険に弁護士費用特約が無いことから、弁護士費用の負担なども懸念されていましたが、火災保険などに特約がついていないかご確認いただいたところ利用できることがわかりご依頼くださいました。

 

2.弊所の活動及びその結果

事故後間もないことから、まずは、治療を受けながら、今後万が一裁判になった場合の証拠という観点からのアドバイスをさせていただきました。定期的に症状や回復状況をお伺いしながら、その時々で気をつけるべき点等をお伝えしました。
治療費を打ち切るというお話があった際は、主治医のご意見を伺いつつ、保険会社と交渉して直接払いの期間を延ばしてもらいました。

その結果、後遺障害が残存すること無く回復なさいました。

 

3.当事務所が関与した結果

治癒後に、相手方保険会社と賠償額について交渉を開始しました。当初は、シートベルトを着用していなかった点に過失があると主張していましたが、交渉の結果を過失に関する主張を撤回させることができ、示談に至りました。

 

4.解決のポイント

治療継続中も継続的にアドバイスさせていただいていたことで、症状の変化を医療記録上も残すことが出来たことで治療継続の必要性を訴えて治療期間を延長させることが出来ました。また、過失割合について粘り強く交渉を続け、最終的にご納得いただける解決に至りました。

 

 

その他の解決事例

TOPへ