• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

加害者が当初自己の無過失を主張していたものの最終的に賠償を獲得した事例

状況

被害者自転車にて交差点横断中,右方から直進してきた自動車に衝突されたとの態様。

 

 

過失割合

ご依頼時 10割

 

解 決 時  2割

 

 

診断名

右下腿打撲症,右踵部打撲傷

 

 

後遺障害等級

ご依頼時  なし

 

解 決 時  なし

 

 

 

 

解決額

 

約25万円(その他自賠責被害者請求65万5800円)

 

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

ご相談者様は,事故後,上記傷害を負い通院していましたが,事故当初から加害者より「停止中の加害者自動車に,被害者の自転車が衝突してきた」と主張され,治療費の支払を受けられず,自己負担にて治療を続けている状況でした。

そのような中,将来の賠償についてご不安を抱かれ,弊所にご相談頂きました。

2.弊所の活動及びその結果

弊所では,治療費等の傷害に関する損害について,自賠責保険への被害者請求手続を行いました。これにより,被害者はそれまで支出した治療費に加えて,休業損害等についても支払いを受けることが出来ました。

その上で,弊所において,刑事記録を取り寄せて,加害者の上記主張の矛盾点等を指摘しながら,加害者に対して損害賠償を請求し,交渉を続けました。

 

3.当事務所が関与した結果

加害者からも損害の賠償を受けることが出来ました。

 

 

4.解決のポイント

加害者が自己態様を争っている場合でも,刑事記録等の閲覧することで事故態様を明らかに出来る可能性があります。まずは,ご相談下さい。

 

その他の解決事例

TOPへ