• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

任意交渉段階にもかかわらず裁判基準に匹敵する金額で和解ができた事例

事故の状況

追突(100:0で争い無し)

 

診断名

頚椎捻挫、腰部打撲傷等(後遺障害非該当)

 

獲得額

解決額:136万円

 

弁護士からのコメント

受任時点で治療継続中であったところ、症状固定の判断が出るまで、保険会社と交渉して治療費の支払を継続させました。その結果、ご依頼者様が納得できるまで治療を継続することができました。

十分な治療を受けた結果、症状が大きく改善されたこともあり、残存した症状に対して後遺障害の認定は受けられなかったものの、通院慰謝料については裁判基準に匹敵する金額で和解することができました。

その他の解決事例

TOPへ