• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

交渉により治療期間の延長に成功した事例

状況

コンビニエンスストア駐車場脇の路上で停車していたところ、同駐車場に進入しようとしたトラックが衝突した事例

 

過失割合

 

ご依頼時 0割

 

解 決 時 0割

 

 

診断名

 

頚椎捻挫

 

後遺障害等級

 

なし

 

解決額

約90万円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

 

事故発生の約1週間後、相手方保険会社との交渉にご不安を抱かれ、ご相談にお越しいただき、ご依頼いただくことになりました。

 

2.弊所の活動及びその結果

 

事故発生から約4か月後、相手方保険会社より、医療照会の結果を踏まえ、治療費の支払を打ち切りたい旨の連絡がありました。もっとも、その時点では、ご依頼者様に未だ症状が残存しており、主治医からも継続した治療の必要性が伝えられていました。そこで、当事務所では、ご依頼者様の症状及び主治医の見解について、相手方保険会社に詳細に説明した上で、粘り強く交渉を行った結果、治療費の支払期間を延長させることに成功しました。

 

 

3.解決のポイント

 

交通事故でのお怪我についての治療については、本来、治癒又は症状固定時期までの賠償が認められるものであり、その判断は主治医によりなされるべきものです。もっとも、相手方保険会社では、当該時期よりも前に治療費の支払の打ち切りを行うことが少なくありません。

当事務所では、医療記録の精査や医学的意見の取得等を行い、相手方保険会社との交渉を行っております。交通事故に遭われてお困りの方は、是非一度ご相談ください。

 

 

 

 

その他の解決事例

TOPへ

メール
予約✉

電話
予約☎