• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

事故態様の詳細な主張により相手方主張の過失割合を修正させた事

事故の状況

丁字路交差点において、ご依頼者様の車両が直進中、右方から相手方車両が右折進入してきたため、ご依頼者様の車両がこれを避けようとして左方の雪山に衝突したもの

 

診断名

頚椎捻挫

 

解決額

【解決額】約90万円

*交渉前に、支払われていた治療費等の金額は除きます。

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

ご依頼者様から、症状固定の診断を受けたため、今後の示談交渉を行ってほしいとの依頼を受け、受任しました

2.弊所の活動

当事務所から、相手方保険会社に対し、賠償案を提示したところ、相手方保険会社は、本件事故態様は相手方に一時停止の規制がある場合の事故であるとして、本件の過失割合をご依頼者様1.5割、相手方8.5割とする解決を提示しました。

3.当事務所が関与した結果

これを受けて、弊所にて、各種資料により事故現場を確認したところ、確かに本件事故現場には相手方に一時停止の規制がありましたが、それに加えて、ご依頼者様の走行車線は優先道路であることが判明しました。そこで、当事務所は、相手方保険会社に対し、相手方の過失は更に加重されるべきである旨主張し、交渉を重ねたところ、相手方保険会社は同主張を認め、上記解決額での示談が最終的に成立しました。

4.解決のポイント

本件は、当事務所において事故態様を精査した結果、実態に即した過失割合による解決が実現できた事例です。

相手方保険会社からは、実際とは異なる事故態様に基づく過失割合を提示されることがありますので、過失割合に疑問を感じたら、一度当事務所にご相談ください。

その他の解決事例

TOPへ