• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

事故態様について双方の言い分が真っ向から対立した事案で、勝訴的和解で解決した事例

事故の状況

当方:相手方車両が追突してきた。

相手方:当方が急な車線変更を行ったため、止まりきれずに追突してしまった。

*相談時に具体的な提示はなかった。

 

後遺障害等級

外傷性頚部症候群・腰椎捻挫

後遺障害なし。

 

解決の内容

提示額・なし。逆に相手方から約150万円以上の請求を受ける。

獲得額・57万円(請求額約62万円)

 

弁護士からのコメント

タコグラフの解析結果等の客観的な資料を中心に分析し、依頼者の供述の裏付け作業を丁寧に行い、さらに、訴訟における尋問において、相手方の供述が不合理であることを炙り出し、結果として、当方の主張が全面的に受け入れられ、裁判所から勝訴的な和解案が提示されるにいたった。

 

その他の解決事例

TOPへ