• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

事故による受傷から約2週間後に腱板断裂との診断を受け、当初は事故との因果関係が否定されていたものの、事故態様や診療経緯等から因果関係を認めさせ、併合12級を獲得した事案

事故の状況

片道3車線の道路を走行中、対向車線から右折してきた加害車両に側面衝突された。
相手方保険会社が当初主張した過失割合は、加害者:依頼者=7:3であったものの、解決時は、9:1で示談。

後遺障害等級

右肩関節の機能障害(12級6号)

頸椎捻挫(14級9号)

腰椎捻挫(14級9号)

併合12級

解決の内容

獲得額 約900万円

自賠責  224万円

 

弁護士からのコメント

当初、腱板断裂が事故後約2週間後に腱板断裂との診断を受けたため、当初、事故との因果関係を否定されていました。もっとも、事件を受任後、事故態様、通院の経緯、カルテの記載等から腱板断裂と事故との因果関係を立証し、最終的には同因果関係が認められることとなりました。

 

事故から一定期間経過してから具体的な傷病が発覚すると、事故との因果関係が否定される場合が多く、泣き寝入りせざるを得ない状況に陥りかねません。その際は、弁護士に依頼し、事故との因果関係を丁寧に立証してもらうのが得策です。

その他の解決事例

TOPへ