• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

事故と症状との因果関係を認めさせた事例

状況

ご依頼者様が、被害車両を路肩で停止させていたところ、後方から加害車両が追突した事例。

 

診断名

 

頚椎捻挫、右肩打撲、外傷性頚部症候群等

 

解決額

 

約50万円

 

弁護士からのコメント

1.ご依頼のきっかけ

ご依頼者様は、本件事故によって受傷し、その治療を行っていましたが、相手方から、ご依頼者様の症状と本件事故には因果関係が認められないので治療費や休業損害は支払わない旨主張されたため、相手方との賠償交渉について不安を覚えられ、当事務所にご依頼をいただきました。

 

2.弊所の活動及びその結果

当事務所において、ご依頼者様が本件事故によって受けた衝撃の強さを把握するため、実況見分調書等の本件事故に関する資料を取り寄せて検討を行いました。また、ご依頼者様の医療記録を取り寄せ、本件事故前に既に症状が現れていないか検討を行いました。

検討の結果、両車両の損傷状況や医療記録の内容からすれば、ご依頼者様に生じている症状は、本件事故によって生じている(症状と本件事故との間に因果関係が認められる)と判断されたため、相手方に対してその旨主張するとともに、治療費、休業損害等の請求を行いました。

 

3.当事務所が関与した結果

上記のとおり、当事務所から請求を行いましたが、相手方は、請求に一切応じない意向を示したため、当事務所から訴訟を提起することとなりました。

訴訟においても、相手方は、ご依頼者様の症状と本件事故との因果関係を争いましたが、因果関係を否定するような証拠は提出されませんでした。そのため、裁判所はご依頼者様の症状と本件事故との因果関係を認める方向で審理を進め、最終的に上記解決額での和解が成立しました。

 

 

4.解決のポイント

交通事故の加害者は、本件のように、症状と事故との因果関係が認められない旨主張してくることがあります。

そのような場合でも、事故の関係資料や医療記録を精査することで、因果関係を立証で切る可能性がありますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

その他の解決事例

TOPへ